image.png

2019年09月27日

人生節目の贈り物

こんにちは。
山梨県の印章彫刻店 宏雅堂 彫刻士の二宮啓太です。

令和元年も残すところ3ヶ月と少し。早いものですね。


印章を購入する人生の節目ということで
誕生・卒業(高校・大学)・成人・就職・結婚.....などなどありますが、全てに共通するのが親御さんから贈り物として購入される事が多いように感じます。

自分自身で購入される方ももちろん多いのですが、今回は贈るハンコの話をしたいと思います。


誕生。
これは自分で買える人は、まずいませんので(笑)贈り物となります。名前で通帳用の印鑑を作る方が多いようです。人生最初のはんことなります。


卒業・就職。
認印が必要となってきます。社会に出ても恥ずかしくないはんこをひとつ贈りましょう。
1番、人目につく印鑑です。意外と?大事です(笑)



成人・就職。
そろそろ実印が必要となってきます。大きな買い物をするのはまだまだ先かもしれませんが、実印を持つと大人としての自覚が芽生えます。じっくり考えて、良い実印を贈りましょう。



結婚。
まだ実印を持っていなければ、このタイミングです。夫婦印鑑いいでしょう。もう一つ新しく生活を始める夫婦には銀行印も必要となってきます。
必要に合わせてはんこを贈りましょう。



必要になってから急いで購入しがちですが、それだと印鑑選びに失敗する可能性があります。


ちなみに私は29歳の時に自分で彫りました。必要になってから汗


人生の節目も一度きり、印章は人生で3本から5本くらいでしょうか?
贈る方も貰う方も幸せになる!
そんなハンコを選んでください。


真剣にはんこ選びをしている方へ

最後までお読みいただきありがとうございます。
posted by NINO at 01:34| Comment(0) | 人生の節目に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

なぜ中学生の卒業記念品に印鑑が選ばれるのか?

こんにちは。
山梨県の印章彫刻店 宏雅堂 彫刻士の二宮啓太です。

ご訪問ありがとうございます。


2016年もあっという間に11月の中旬。残すところ一ヶ月半となりました。
今年中にやっておきたいこと、やらなければならないことだらけの二宮です。

はんこ屋さん、繫忙期に入ってまいりました。

成人祝いや卒業記念品など印鑑の需要が高まるこの時期。

宏雅堂では卒業記念印章の彫刻がいよいよ最盛期を迎えます。

主に高校や中学の卒業記念品を彫刻しています。
高校生は卒業後、進学する人もいれば就職する人もいます。
すぐに、はんこが必要!!なんていう事もあると思います。

では、なぜ中学校卒業ではんこなのか?

高校生活ではんこ使う??
あまり使いませんね。

高校によってはアルバイトを許可している学校もある、となると必要か〜?
でも、それが理由ではないと思います。

私が考えるに、大人への準備期間
日本の社会ではんこは必要不可欠。

それを15歳の段階で自分のはんこを手にすることで自然と社会へ出ていける。という事だと思います。

今思えば、学校は社会の縮図。
私がそれを痛感したのは大学時代のバイトのとき。
バイトの仕事の中に「掃除」があった。
学校で当たり前にしていた掃除に時給が発生してしまうのだ。
もちろん、プロのハウスクリーニングなんてレベルではなく普通の掃除だ。

「学校の掃除はこのためにやっていたのか」なんて大げさなことまで考えてしまいました。

選挙もそれだ。
20歳になって選挙へ行ったとき、少し緊張はしましたが、この感じ。。。
生徒会の選挙の投票だ。

「学校の選挙はこのためにやっていたのか」なんて大げさなことを。。。また。。。

はんこも同じ。
はんこは日本の文化!
という言葉はあまり好きではないのですが。
中学校卒業の段階で印鑑を手にすることで、大人になって印を捺す時に
「あぁ、はんこね〜」といった感じに入って行けると思います。


とはいえ、私。
22歳当時。まだ、はんこ屋の息子だった頃。
当日現金支給の短期のアルバイトで印鑑を忘れて…ちょっと大変な思いをしました。
これは内緒です。

はい。反省してます💦

いまだに、はんこを捺すのは少し緊張する二宮でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。


はんこ工房雅 宏雅堂オンラインショップ
posted by NINO at 20:41| Comment(0) | 人生の節目に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

卒業の季節

こんにちは。
山梨県の印章彫刻店 宏雅堂 彫刻士の二宮啓太です。

ご訪問ありがとうございます。

なんと、ブログを3ヶ月も休んでしまいました。
待ち望んでいる方もいないので気が楽ですね。

そう考えると人気ブロガーと呼ばれる方々は本当に凄いですよね。
ほぼ毎日更新してる芸能界の方もそうですが・・・
私には縁のない世界なのでこの辺にしておきますね。


さて、なぜブログを書けなかったのかという言い訳ですが、
卒業記念印章の彫刻に追われていました。

「あーあれね!」と思う方もいれば
「卒業記念にハンコ?」という方もいるかと思います。

中学校や高校の卒業時に貰う記念品のはんこです。

今年度も多くの卒業生に記念品をお届けすることができました。
どんな感じで受け取ってくれているのか考えると勝手に嬉しくなります。


はい!
なぜ、記念品に印章が選ばれるか理由はいろいろあるのですが
いくつか説明したいと思います。


まずは100%必要な物であるということです。
極端な話、日本で生活するうえで携帯電話やスマートフォンを必要としない人でも、印章は必要なんですよ。
まぁ〜使用頻度は別として・・・。


2つ目は記念品なのにオーダーメイド。
記念品というと大量生産です。
「〇〇記念」と箱に印字されていればそれも記念品になります。
「〇〇学校卒業記念」という文字や校章が記念品に箔押してある物もよく見ますが学校単位です。
その点、印章は姓や名が彫刻されているので受け取る側も自分のための記念品という実感が湧きます。
その分、先生方は名簿を確認したりと大変な作業が多いと思いますが・・・。


3つ目はその安定感。
印章以外の卒業記念品としては
置き時計
マグカップ
USBメモリースティック
タンブラー
浸透印
・・・
などなどほかにも様々あります。
ですが、そのほとんどが消耗品で記念品には向かないものもあります。
その時代の流行で結構記念品も左右されるようですがいまいちロングセラーとはいかないようです。
流行り廃りがないのも印章の魅力なんですね〜

何十年も前から印章が卒業記念品として親しまれてきたのにはそれなりの理由があるんですね。

なにはともあれ
本年度卒業を迎えられた皆様へ。

ご卒業おめでとうございます!!


最後までお読みいただきありがとうございました。

期待以上に応える 宏雅堂
posted by NINO at 00:38| Comment(0) | 人生の節目に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする