image.png

2016年09月13日

大手銀行が銀行印不要??

こんにちは。
山梨県の印章彫刻店 宏雅堂 彫刻士の二宮啓太です。

ご訪問ありがとうございます。


印章業界で話題となっている大手銀行の銀行印に代わる認証システムの話。
ニュースにもなっています。
んー脅威ですね。ITの。

動きの鈍い印章業界もさすがにざわざわしています。

冷静になって考えていきましょう。

印鑑認証
静脈認証
サイン認証

簡単に三つの認証を比較したいと思います。

まず、銀行印。
他と違うのは購入しなければならないこと。
すみません・・・
お金がかかります。
そして、紛失の恐れがありますね。
さらに、偽造はどうなの?


静脈認証。
これは紛失はないですね。
しかし、本人でないと手続きできません。
この高齢化社会で直接銀行に行けない!なんて方も少なくないような気がするのですが。
そして災害時は?
なにか対策は?


サイン認証。
これも紛失はしませんね。
銀行口座って一生モノだから筆跡が変わらないか心配。なのは僕だけでしょうか。
20歳から60歳になっても同じ字を書き続けられるの?
しかし、癖とか筆圧も感知する機械もあるようです。
が、果たして?


比較というか、完全に私の意見発表の場になってしまいましたが。


銀行へのIT業者の売込みってすごいんでしょうね。
その結果、〇〇銀行は静脈認証、〇〇銀行はサイン認証を導入!!
様々な形の認証方法が出てきているのだと思います。
サインに関しては印鑑よりも原始的になっている・・・のは、さておき。
これからも、新たな認証方法が出てくると思います。

ところで、なぜ銀行印が悪者扱いされているのか?

銀行印の偽造で被害にあって財産をすべて奪われた〜!!

なんてニュースは聞きませんね・・・

今は印影をPCで照合しているので、かなり精度は高いようですよ。


銀行側はお客様へのサービス向上の為と言っています。

銀行印を廃止することで

【行員を減らし人件費を削減でき、その分お客様に反映する】
【お客様の待ち時間を大幅に短縮できる】

まぁ例えばですよ。これくらいのこと断言して欲しいものですよね。

はんこ屋としては断言されるとドキッとしますが。
あーサービス向上!と、納得は出来ます。


私、個人としては銀行印を使い続けていきます。
はんこ屋ですし、何より銀行印を不便に思ったことがないからです。
普段はATMしか使いませんしね〜


さて、時代がどぉ流れていくか。
じっくり見極めて行くとします。


宏雅堂はんこオンラインショップ
http://www.kogado-hanko.com/
posted by NINO at 22:55| Comment(0) | 銀行印のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月24日

銀行印と認印の違いは?

こんにちは。宏雅堂印章彫刻士の二宮啓太です。

銀行印と認印の違いについてですが
簡単に言ってしまえば
銀行に届け出がしてある印章であるかどうかです。

ですから、本当は販売する時点で「銀行印です」というのはおかしいことなんです。
しかし、情報が限定されてしまうネットショップではわかりやすくするために
「銀行印はこれ」「認印はこっち」
という表示になるわけですね。

宏雅堂のホームページでは
認印と銀行印を
認印はタテ彫り
徳川テンショタテ.png
銀行印はヨコ彫り
徳川テンショヨコ.png
で分けています。

これも購入時にわかりやすいように分けているのであって
認印として販売している印章が銀行印として登録できないわけではありません。

宏雅堂で販売されている印章はすべて銀行印として登録可能です。もちろんフルネームの印章も登録可能です。

ですから、単品で銀行印が欲しいという方は認印もチェックしてみてください。
銀行印の一覧にはない10.5oサイズからお選びいただけます。

認印  3,880円〜19,110円
銀行印 4,530円〜22,350円


銀行印と認印の違いとは
大きさや素材ではなく
目に見えない、その印章(捺印)が持つ責任の大きさの違い
なんですね。


最後に注意点として
銀行に届け出たらその印鑑は自分の財産を守る物となります。大事に保管して、なくさないようにしてくださいね。

ありがとうございました。

宏雅堂


posted by NINO at 22:10| Comment(0) | 銀行印のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月18日

ひとつの口座にひとつの印章

宏雅堂 印章彫刻士の二宮啓太です。


今回は銀行印について少しお話しをしていきたいと思います。

さて、銀行印と言ってもその印鑑を銀行などの金融機関に「届出」をして初めてその名がつきます。

ところで、その銀行印ですがいくつお持ちでしょうか?


ひとつ?
実印と併用?

まれにですがこのような事を耳にします。

口座は幾つもあるのに届出印を変えていないとか家族皆さんで同じ届出印だとか・・・


危険という言葉はあまり使いたくないのですが
自身の預金、貯金を管理するのにいくら家族であっても他の人と同じというのはかなり違和感ありますよね。


最近ではSNSなどのアカウントの乗っ取りという問題があります。
この対策としてパスワードをひとつひとつ変えるというものがありますね。

それと全く同じとは言いませんが

ご自分の財産を守るひとつの手段として
ひとつの口座にひとつの印章を登録されることをおすすめします。

宏雅堂ホームページ
posted by NINO at 20:44| Comment(0) | 銀行印のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする