image.png

2015年09月24日

何かと話題の象牙について

こんにちは。
山梨県の印章彫刻店 宏雅堂 彫刻士の二宮啓太です。

ご訪問ありがとうございます。


今回は象牙の材料についてです。
宏雅堂で扱っている象牙は国際的に輸入が認められているものを使用しています。
その証として、宏雅堂で象牙印章を購入された方には「環境省」「経済産業省」の認定シールをお付けしています。

img022.jpg

「政府認定の証」 

 お客様がお買い上げの製品は、1989年ワシントン条約により、輸入規制以前に輸入された材料や、1999年・2008年国際的に輸入が認められた材料(増えすぎた象や自然死した象など、アフリカ諸国の政府による厳正な管理の元、大切に保管されていた正規材料)で製造された製品です。


 又、お買上製品の収益の一部は、原産国である南部アフリカ諸国に寄付され、貧しい子供達の為、学校や病院建設、又 野生動物の保護に役立てられます。


このシール(標章)は、お客様のお買上商品が「種の保存法」に基づき、政府より認定された商品である事を証明するものです。

*「種の保存法」とは、日本の伝統文化を守る為、アフリカ象を含め、動植物の保護と有効利用の観点から新たに制定された法律です。

以上引用



最近、話題になっている象牙の密猟はテロ組織に資金が流れたりと問題となっています。中国での需要が高いのが大きな要因だと考えられます。
本当にひどい事だと思います。

正規のルートで入ってくる象牙は上にも書いてあるように、収益の一部がアフリカ諸国に寄与される事で役立てられています。

正反対ですよね。

象牙購入の際にはこのシールの表示があるお店でお願いします。


宏雅堂はんこオンラインショップ
posted by NINO at 21:32| Comment(0) | 印章の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月05日

押しやすいハンコ

こんにちは。宏雅堂 印章彫刻士の二宮啓太です。

さて、押しやすいハンコの条件は??
その条件は印面(字の彫ってある面)が平らであることです。

はんこ職人は日々さまざまな技を磨いています。

その一番初めの作業として『印面調整』というものがあります。
平らな板(フローリング材やガラス板)にサンドペーパーを張って
印面を平らに擦っていきます。

目的は印面を平らにしてキレイに押せるようにするためです。
この工程で印面が曲がってしまったり、波打ってしまうとうまく押すことができなくなてしまいます。

IMG_2302.JPG

私が初めて『面擦り』を体験したのは高校生のときでしたが、本当に難しい・・・。

10年以上経った今では平らに擦る技術を身につけることができましたが、最初は全くうまくいきませんでした。指先の感覚なので何本も擦ってカラダで?手で?覚えるしかありません。
一日に何百本も擦ることもあります。なので指先にはタコができます。


また、印面が曲がってしまっていると押しにくいのはもちろん、ハンコのフチが欠けやすいというデメリットもあります。
原因は押すときに加わるチカラが一箇所に集中してしまうからです。


ですが・・・
買ってみないと分からないんですよね。というか押してみないと分かりませんね。
信頼できる印章店で購入しましょう。

宏雅堂はんこオンラインショップ
posted by NINO at 22:08| Comment(0) | 印章の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月12日

お札の印鑑

こんにちは。宏雅堂印章彫刻士の二宮啓太です。

今回は日本人が最も目にすることの多いであろう印鑑。
紙幣、お札に捺してある印鑑の話をしたいと思います。

まずはその印鑑の写真から
IMG_1419 (3).jpg
総裁之印



IMG_1418 (2).JPG
発券局長



総裁之印は
あ〜言われればあ〜なるほど
という感じだと思います。
朱肉の色は濃い赤。

発券局長は
字よりも読み順が難しいかもしれません。どこから読めばいいのか???ですよね。
右⇒上⇒下⇒左の順で読みます。
朱肉の色は朱色。

よく見ると朱肉の色が違うんです。朱肉の色は朱色とかよくわからないことを言ってしまいましたが・・・。


とは言っても
捺してあるのが当たり前過ぎて、じっくり見ることもなければ普段は読もうともしませんよね・・・?
書体なんて気にしたことないという方がほとんどだと思いますが。

一応、はんこ屋のブログなので少しだけ説明しますと

書体は篆書体といって古くから正式な印鑑に使われる書体です。
篆書体といっても時代によって様々で、お札に捺されている篆書体は印篆体といって印章用につくられた書体です。

印鑑のサイズは五分丸(直径15.0mm)です。実印の標準サイズとして多く使われているサイズです。
印鑑購入時のサイズの参考にもなります。

本当にいつも簡単ですみません。

宏雅堂の印鑑の書体見本は
徳川家康です。
徳川家康テンショシツ.png

徳川テンショヨコ.png

徳川テンショタテ.png



見本を見た方から「徳川家康」じゃぁわからない!と言われることがあります。

自分の名前をハンコにしたらどうなるのー??
という方は
こちらへどうぞ


最後までご覧いただきありがとうございます。
宏雅堂ホームページ
posted by NINO at 00:14| Comment(0) | 印章の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする