image.png

2015年10月17日

はんこのサイズについての悩み

こんにちは。
山梨県の印章彫刻店 宏雅堂 彫刻士の二宮啓太です。

ご訪問ありがとうございます。

さて、先日。地元の先輩と話す機会がありまして、はんこの話題になりました。

私よりも5つ年上の35歳。大学卒業後、ある企業に就職して13年になる彼ですが、最近職場でちょっとした悩みがあると嘆いてました。

人によっては、え?そんなこと気にしたことない。と思われるかもしれませんが。

その先輩の悩みとは。

上司のはんこが小さいから困る!!

とのこと。

?????

詳しく聞いてみると、上司が小さく安いはんこを使っているため、良いはんこを使いにくいらしい。
とはいえ、印材は象牙を使っているという先輩。お客様の前で捺すこともあるので、そこは譲れないらしい。

なんだ!!象牙を使っているんじゃないか!!と思われるかもしれません。
しかし、問題は大きさだと言う。
同じ書類に捺した時に上司より部下の方が立派な印鑑だとなんか違和感があるみたいです(笑)

はぁ〜なるほど!
と声が出てしまいました。

会社の認印だからと言って油断できないんですね。
大変だな・・・。
でも確かに、仕事で使う認印だからと言って三文判や100均のはんこだと一目瞭然。
完全にバレてますよ。

>>認印 3,880円〜

彼の言葉を借りると
もっとみだましいはんこを使え!こっちが困るじゃんか!なぁ!

と言ってました(笑)

会社に勤めた事のない私にはかなり新鮮な話でした。が納得は出来ました。
見られているってことですね。
人の上に立つ人、そうでなくても部下を持つ人は少し普段使うはんこの事を考えてみてはいかがでしょうか。

宏雅堂はんこオンラインショップ
posted by NINO at 12:39| Comment(0) | 上手なはんこの選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: