image.png

2015年08月05日

押しやすいハンコ

こんにちは。宏雅堂 印章彫刻士の二宮啓太です。

さて、押しやすいハンコの条件は??
その条件は印面(字の彫ってある面)が平らであることです。

はんこ職人は日々さまざまな技を磨いています。

その一番初めの作業として『印面調整』というものがあります。
平らな板(フローリング材やガラス板)にサンドペーパーを張って
印面を平らに擦っていきます。

目的は印面を平らにしてキレイに押せるようにするためです。
この工程で印面が曲がってしまったり、波打ってしまうとうまく押すことができなくなてしまいます。

IMG_2302.JPG

私が初めて『面擦り』を体験したのは高校生のときでしたが、本当に難しい・・・。

10年以上経った今では平らに擦る技術を身につけることができましたが、最初は全くうまくいきませんでした。指先の感覚なので何本も擦ってカラダで?手で?覚えるしかありません。
一日に何百本も擦ることもあります。なので指先にはタコができます。


また、印面が曲がってしまっていると押しにくいのはもちろん、ハンコのフチが欠けやすいというデメリットもあります。
原因は押すときに加わるチカラが一箇所に集中してしまうからです。


ですが・・・
買ってみないと分からないんですよね。というか押してみないと分かりませんね。
信頼できる印章店で購入しましょう。

宏雅堂はんこオンラインショップ
posted by NINO at 22:08| Comment(0) | 印章の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: