image.png

2015年07月25日

ハンコとの出会い

こんにちは。宏雅堂印章彫刻士の二宮啓太です。

今回はハンコとの初めての出会いについてです。

まず、私自身とハンコの出会いについて書きたいと思います。

私とハンコの出会いは3歳か4歳のときに父母の膝の上で彫った自分のハンコです。通帳を作るためのハンコで小さめの柘の角印に『二宮啓太』とフルネームで白字(字を彫るハンコ)で彫刻しました。
とは言ってもほとんど親が彫ったんだと思います。もちろん今でも使っていますし、なぜかそのときの記憶はかなり鮮明に残っています。

というのが私とハンコの出会いでした。
かなり特殊だと思います。

友人や知人に聞いてみたところ、
多くの方のハンコとの出会いは
学校や体験施設での篆刻体験。
学校の卒業記念で貰う卒業記念印章。
というのがほとんどでした。

しかし、自分が生まれたときに両親や祖父母にはんこを買ってもらわなかったか聞いてみると
「あっ、そういえば!」と、


気付いた時には自分の名前のハンコを使っていた。
今、使っている銀行印がそれだ。
フルネームのハンコを出生時に貰っていたらしい。
両親に聞いたら祖父が買ってくれたらしい。
お年玉などお祝いを貯金するための通帳のハンコを両親が作ってくれたらしい。

・・・等々いろいろ出てきました。

らしいが多いですね(汗)


確かに出生直後で思い出には残りませんが・・・。


人生で初めて迎える節目にハンコは欠かせません。
さすがに自分では買えないので、ご両親・祖父母の方へ。
名前が決まったらハンコを作っておきましょう。
すぐに必要になりますよ。


生まれたときからの本当の一生モノになります。


最後までお読みいただきありがとうございます。
宏雅堂はんこオンラインショップ
posted by NINO at 09:59| Comment(0) | 人生の節目に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: